ブログトップ

江戸切子小林公式blog

edokirikokobayashi.exblog.jp

<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

no.12

おはようございます。秋晴れの気持ちの良い朝となりましたがいかがお過ごしでしょうか。
本日は久しぶりに色被せ硝子のご紹介です。

-arrow series-
arrowとは、矢羽という意味で、こちらのショットグラスは日本の矢羽からインスピレーションを受けてデザイン致しました。
お色は、瑠璃、透明、赤の3色です。

内側を覗きますと、底に菊紋様がカットされており(菊底)、それを回りに反射させる事で、実際には彫られていない沢山の菊紋様が映し出されますので、万華鏡のように楽しんでいただけます。

瑠璃と赤は、結婚式のご両親へのお祝いや、ご結婚祝いとして人気のあるセットです。
勿論お1つずつでもご購入頂けます。


透明のarrowは、小さな花瓶としてもご利用頂けます。大体ティーカップの高さにカットしたお花を生けて頂くと、小ぶりで可愛らしいフラワーアレンジメントの完成です。個人的には、季節のお花で、日持ちの良い菊科のピンポンマムがお勧めです。小さいショットグラスにボリュームのあるマムが生きてきます。透明なarrowは脇役としても最適ですので、色々なシーンで使う事ができます。

arrow seriesのお値段は、

瑠璃・赤
19,440円(税込)
透明
17,280円(税込)

で御座います。
オンラインショップではご購入頂けませんが、お電話で 「ブログで見たarrowの~色」とおっしゃって頂くか、メールを送って頂ければ直接配送させて頂きます。また、お時間が御座いましたら、是非一度直営店に足をお運び下さいませ。

東京都江東区猿江2-9-6
TEL 03-3631-6457
MAIL info@kimi-to-koba.com


尚、家族で営む小さな工房です。臨時休業や不在の場合もありますので、ご来店の際は事前にご連絡頂けると幸いです。
車でお越し頂く事も可能ですが、駐車スペースには限りが御座いますので、その場合は必ずお電話でお伝え下さいませ。
お手数おかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。

それではまた来週お目にかかります・・・・

[PR]
by edokirikokobayash | 2017-09-24 10:06 | 酒器 sake glass | Comments(0)

no.11

「NEWS」
今週もお知らせから失礼いたします。9月10日(日)発売の「Fine 2017年10月号」(日之出出版に、江戸切子小林の四代目小林昂平のインタビューを掲載して頂いております。ものづくりへの思いなど詳しく載っているかと思いますので、是非お手にとってご覧ください。
☆日之出出版様のHP
Fine 10月号の予約はこちらからどうぞ


本日はブログでは初めての、文鎮(paper weight)のご紹介です。
サイズは H 1.5cm × W 7.5cm×D 5.0cmの小さめサイズです。
上の写真は、文鎮の周りに生花を散らしたものです。玄関や窓際などでこのように飾って頂いても可愛らしいです。
底面にのみ菊つなぎ紋のカットがされており、裏、表、どちらの面を上にしてもご利用頂けます。
d0370226_21205193.jpg
読みかけの雑誌の上に、「ちょこん」と置いている写真です。
d0370226_21235761.jpg
一枚の写真に載せて頂いてもお洒落です。
文鎮(paper weight)としてだけではなく、自由な発想で楽しんでいただけると幸いです。

d0370226_21240562.jpg
横から見て頂くと、器やグラスでは見る事のできない紋様の楽しさがあります。

こちらの文鎮はおひとつ12,960円(税込)です。
商品のお問い合わせは、お電話かメールにて承っております。直営店もございます。↓
東京都江東区猿江2-9-6
TEL 03-3631-6457
MAIL info@kimi-to-koba.com


「ブログを見て電話した」と伝えて頂けるとスムーズです。
尚、家族で営む小さな工房です。臨時休業や不在の場合もありますので、ご来店の際は事前にご連絡頂けると幸いです。

来週は、ブログ、instagram共におやすみとさせて頂きます。
営業は通常通り行っております。
今週もご覧いただき、有難うございました!
また再来週にお目にかかります・・・


[PR]
by edokirikokobayash | 2017-09-04 21:36 | 文鎮 paper weight | Comments(0)